About

コンタクトレンズとは

コンタクトレンズについての基礎知識や
正しい使用方法などを紹介します。

瞳の仕組み

目は視覚情報をとらえ、脳に伝える器官です。
眼球と視神経、まぶたや涙腺のような眼球付属器から成り立っており、眼球は(眼窩)という骨のくぼみの中におさまっています。眼球は、成人では直径24ミリのほぼ球型をしています。

角膜

眼を構成する層状の組織であり透明な部分。光のとり入れ口になっていて、表面はいつも涙液でおおわれています。

結膜

角膜の周囲にある白目の部分で、眼球の表面と上下まぶたの裏面とを連結させています。結膜には血管があり、色素が少ないため透けて見えます。

水晶体(レンズ)

眼の中にある組織。光の屈折を調節して、網膜上に焦点を合わせ、映像を結ばせます。加齢とともに硬くなります。

虹彩(絞り)

角膜を通して見える茶褐色の薄い膜です。虹彩の中央にある穴(瞳孔)の大きさを変える役割があります。

瞳孔(絞り)

明るさの変化に応じて目に入る光の量を調節します。瞳孔はほぼ正円形をしていて、明るい所では小さくなり、暗い所では大きく開きます。

強膜

厚さ約1ミリの膜で、眼球の構造を支える一番外側の丈夫な組織です。

網膜(フィルム)

眼の一番内側の膜であり、光を感じる細胞(視細胞)と、視細胞の働きを集約したり支持したりする細胞が集まっている感覚網膜、そしてフィルターの役割をする網膜色素上皮とで構成されます。視細胞の数は約1億2千万です。

脈絡膜

網膜に栄養を補給する血管に富んだ膜であり、黒褐色をしている。光を遮断し眼を暗室のようにします。

視神経

網膜に映し出された視覚情報を脳に伝える神経です。視神経は約100万本あります。視細胞の数は約1億3千万とはるかに多いので、視細胞の働きをある程度まとめる形でつながっています。網膜表面で、視神経が眼から出るところは、光受容体が無いため盲点となる。

中心窩

網膜の中央にある黄斑のさらに中心で、解像力がいちばん優れています。読書、運転、テレビなど視覚的詳細を扱うすべての活動に必要な重要な領域である。

視神経乳頭

視神経が強膜の後ろの穴を通って外へ出ている部分であり、直径1.5㎜のやや白っぽい円板状になっている。視神経乳頭には視細胞がなく、光を感じることができないため、「盲点」と呼ばれています。

毛様体

目には、縦方向、放射方向、円形の3組の毛様体筋がある。眼球内をみたす房水を作り出したり、レンズの調節を行ったりする部分です。

隅角

角膜の後面と虹彩のいちばん端の部分で、房水が眼球内から外に流れ出すための排出路があり、眼圧を調整しています。

チン小帯

水晶体と毛様体を結び、水晶体を支え、毛様体の調節力を水晶体に伝える部分です。