トップ > コンタクトレンズとは > 瞳の健康 > 乾燥から目を守る
About

コンタクトレンズとは

コンタクトレンズについての基礎知識や
正しい使用方法などを紹介します。

乾燥から目を守る

ドライアイの症状

ドライアイの症状ドライアイの症状

ドライアイは涙の量が不足して眼の表面に傷が生じる病気です。
涙には、眼へ栄養補給、細菌や紫外線、乾燥から眼を守る働きがあり、涙の量が不足して涙が均等に行きわたらなくなるとドライアイを生じます。

原因

ドライアイの原因は涙が異常を起こすことです。涙の異常の原因は様々なものがあり、例えば、薬の服用、眼の手術やレーシックなどが原因であることもあります。
一般的なドライアイの原因は、瞬きの減少による眼の乾燥です。パソコンやテレビ、スマートフォンの画面を見続ける生活により、瞬きが減少し目が乾燥しやすくなります。
また、冷房などで乾燥した室内環境に長時間いること、コンタクトレンズの長期・長時間の装用も原因と指摘されています。

セルフチェック

セルフチェックセルフチェック

目が疲れやすい・目が乾く・ゴロゴロする・なんとなく不快感がある等の症状があると「ドライアイ」かもしれません。以下のセルフチェックを行い、眼科医へご相談ください。

予防策

眼の保湿を行うため、加湿器を使用したり、エアコンの設定温度を高くしたりすることが有効です。
眼の疲れをとることも有効です。上目使いは眼が疲れますので。パソコンの画面等を低めにするとコンタクトレンズを使用する方は、装用時間を短縮したり、レンズの洗浄や交換の頻度を上げたり、ソフトレンズならば低含水のレンズを選び涙の蒸発を抑えることも有効です。

ソフトコンタクトレンズの乾燥

ソフトコンタクトレンズの乾燥ソフトコンタクトレンズの乾燥

ソフトコンタクトレンズは水を含む性質があるために眼表面の涙液を吸収して、さらにレンズの表面から蒸発してしまうので、目が乾燥しやすくなります。
ドライアイの方はソフトコンタクトレンズを装用すると眼障害になる可能性が高くなるため、必ず眼科医にご相談ください。

コンタクトレンズの選び方

  • 水分蒸発が少ないコンタクトレンズを選ぶこと
  • DIA、BC等眼にあったコンタクトレンズを選ぶこと

また、どんなコンタクトレンズを選んでもレンズケア、眼のケアを忘れずに行ってください。