トップ > コンタクトレンズとは > 瞳の健康 > コンタクトレンズとメガネの併用
About

コンタクトレンズとは

コンタクトレンズについての基礎知識や
正しい使用方法などを紹介します。

メガネとコンタクトレンズの併用

コンタクトレンズとメガネは同じ視力補正を目的とした機器ですが、それぞれ特徴があり、装用できない場面や注意して扱う部分も異なります。コンタクトレンズとメガネの特徴と違いを知り、上手に使い分ける事でより快適に視力を補正することができます。
普段の生活でメガネ・コンタクトレンズ使用している方、これから視力補正をする目的でメガネ・コンタクトレンズを検討されている方、メガネとコンタクトレンズは異なる機器です、必ず眼科医にご相談の上使用してください。

コンタクトレンズとメガネの特徴と違い

外見
コンタクトレンズ

顔の印象変わらず。素顔のまま!
外見は変わらない。虹彩の色を変える
コンタクトレンズを使うこともできる。

メガネ

顔の印象が変わる。でもお洒落ができる!
レンズ・フレームがあるため外見が変わる。

視野
コンタクトレンズ

裸眼と同じように視野が広い。
視野は裸眼時とほとんど変わらない。
物が歪んだりしない!

メガネ

フレーム内しか見えない。
メガネの大きさにより視野は変わる。度数が強いと歪んだり、
物の大きさが違って見える。

不同視
コンタクトレンズ

左右の度が大きく異なる不同視。
レンズが角膜に接し、プリズム作用の差もないため、
大きな不同視にも処方が可能となる。

メガネ

レンズでできる像・レンズのプリズム作用の差が
大きいのでフラフラする症状を起こす。
眼鏡処方にも難しさが伴う。

温度差によるくもりや蒸気によるくもり
コンタクトレンズ

目の中で絶えず湿っているため、レンズはくもらない。

メガネ

空気中の水分が付着することでレンズがくもる。

一般のスポーツ
コンタクトレンズ

メガネより視野が広く、動いてずれることはない。
※眼に力が加わるような激しいスポーツには使用できない。

メガネ

動いてずれることがある。
視野はコンタクトレンズより狭い。

水泳
コンタクトレンズ

ゴーグルを使えば使用可。

メガネ

水泳には使用できない。度有のゴーグルを使用する。

目の健康
コンタクトレンズ

角膜に接しているため、
使用方法を誤ると眼障害になる可能性がある。

メガネ

角膜に直接接していないので、
メガネが原因による眼障害になる可能性は低い。

定期検査
コンタクトレンズ

眼の健康を保つために定期検査が必要。

メガネ

眼の健康を保つために定期検査が必要。

メンテナンス
コンタクトレンズ

ワンデータイプ:毎日のコンタクトレンズケアは不要
マンスリータイプ:毎日のコンタクトレンズケアが必要
いずれのレンズも眼の健康管理・定期検査は必要。

メガネ

汚れをメガネふきで拭き取る。
眼の健康管理は必要。