トップ > コンタクトレンズとは > コンタクトレンズ百科事典
About

コンタクトレンズとは

コンタクトレンズについての基礎知識や
正しい使用方法などを紹介します。

コンタクトレンズ百科事典

コンタクトレンズを安全に快適に使用するためは、自分の眼の健康状態やレンズの特徴、眼障害について知り正しい使い方をすること、眼科医の定期検査を受けて日々の眼の健康管理をすることが大切です。

コンタクトレンズ用語

コンタクトレンズ用語コンタクトレンズ用語

DIA:レンズ直径 diameter
BC(ベースカーブ):コンタクトレンズ内側の湾曲値 Base curve
P(パワー):レンズの度数
D(ディオプトリー):頂点屈折力

なぜ落ちないの?

なぜ落ちないの?なぜ落ちないの?

コンタクトレンズは、角膜に直接のっているわけではありません。角膜を保護している涙の表面張力によって目に引き寄せられています。表面張力と言うのは、表面をできるだけ小さくしようとする液体の性質です。指先を濡らすと小さなものが吸い付いてくるのも表面張力によるものです。これと同じ原理です。コンタクトレンズは軽くて薄いので、目の表面を覆っている涙によって引き寄せられているのです。

なぜソフトコンタクトレンズは黒目の上で安定しているの?

なぜソフトコンタクトレンズは黒目の上で安定しているの?なぜソフトコンタクトレンズは黒目の上で安定しているの?

黒目のカーブが白目のカーブよりも小さくなっているからです。ソフトコンタクトレンズのカーブは、黒目のカーブよりも少し大きく、白目のカーブよりも少し小さくなるよう設計されています。ソフトコンタクトレンズが黒目に乗っているとき、コンタクトレンズの周辺部分は白目にかかります。白目のカーブはコンタクトレンズのカーブよりも大きいため、レンズの白目にはみ出した部分は少し引き伸ばされて乗っています。引き伸ばされたレンズは元の形に戻ろうとするためレンズが縮む方向に力が発生します。この力により、コンタクトレンズは目を少し締め付けるような形になり、この状態で安定しています。この状態から、コンタクトレンズがカーブの大きい白目のほうにずれてしまうと、コンタクトレンズはさらに大きく引き伸ばされることになり、コンタクトレンズが縮んで元に戻ろうとする力も大きくなります。このコンタクトレンズが縮もうとする力により、コンタクトレンズは元の黒目の上に戻るのです。