トップ > コンタクトレンズとは > 快適なコンタクトレンズライフを「始める」
About

コンタクトレンズとは

コンタクトレンズについての基礎知識や
正しい使用方法などを紹介します。

快適なコンタクトレンズライフを「始める」

どのような人がコンタクトレンズに向いてる?

一般に、近視や乱視の強い人、左右の度の差が大きい人、職業上の制約から眼鏡をかけにくい人(スポーツ選手、モデル等)――がコンタクトレンズに向いています。
その一方、ドライアイやアレルギー性結膜炎などの目の病気がある人、コンタクトレンズのつけはずしや手入れができない小さいお子さんはあまり向いていません。

どのようなタイプが自分に向いてる?

その人の使用目的(毎日使うのか、たまにしか使わないのか)、目の状態(乱視、アレルギー、ドライアイ等)、経済的な状況――などによってコンタクトレンズの選び方はそれぞれ変わってきます。

ハード

乱視を矯正する力が強く、黒目に傷ができるとすぐ痛みを伴いますので、深刻な目の病気になる前に自覚しやすいことが特徴です。ただ、その分、慣れるまで1週間程度時間がかかります。また、きれいに使えば2〜3年もちますので比較的経済的と考えられます。
⇒スポーツをしない人、乱視が強い人、目の病気に敏感な人が向いています。

ソフト

さまざまなタイプのものが市販されています。乱視を矯正する力が弱く(乱視用のレンズもいろいろありますが、ハードレンズの効果には及びません)、装用感に優れているのが特徴です。その一方で、痛みを伴いにくく病気にかかっても自覚しづらいと言えます。
1日使い捨てのレンズ、1〜2週間、1カ月使い捨てのレンズ、従来のレンズ――と大きく分類することができます。

1day

レンズの手入れがめんどうな人、目のアレルギーがある人、目の健康を第一に考える人、時々にしか使わない人――が向いています。

2week.1month

コンタクトレンズの手入れはあまりしたくないが、コストも気になる人が向いています。

コンタクトレンズケアはとても重要!!

コンタクトレンズのケアは、コンタクトレンズに付着した汚れを除去し、次回使用時にも良好な状態で装用できるように準備することです。
汚れをそのままにしておくと、コンタクトレンズの寿命の短縮や装用感の悪化につながり、目に悪影響を及ぼすケースもあります。
毎日正しくコンタクトレンズをケアし、コンタクトレンズを快適に使いましょう!