トップ > 採用情報 > クオリティの追求

クオリティの追求

品質方針表明

(株)アジアネットワークスの品質方針を以下の通り定めます。
 
◎企業姿勢
私達は、係る全ての法令・法規を遵守する事により円滑な業務運営に努めます。
 
◎品質管理
私達は、お客様に満足して使用いただける高い品質を誇る商品をお届けするため、継続的な改善活動に努めます。
 
◎信頼性
私達は、お客様からの問い合わせ・要望及び問題等を社内品質管理システムに取り入れ、
全ての品質(製品、サービス、対応等)を向上することで、お客様に信頼いただける企業を目指します。

株式会社アジアネットワークス
制定日/改定日:2015年2月16日

第三者機関による品質検査

外観検査、規格値検査の事例

第三者機関による品質検査を実施。

アジアネットワークスでは、第三者機関による検査を実施しています。製造業者、製造販売業者、第三者機関の3重の確認を行うことで品質維持に努めています。

世界最大手工場との業務提携

株式会社永勝光学

アジアネットワークス社の主な製品の製造を手掛ける永勝光学(台湾)は、2011年03月に設立されました。”Hydron”ブランドのソフトコンタクトレンズとレンズケア用品の製造及び販売をビジネスとしており、高品質、安全、低価格な製品により消費者から信頼を得ています。

保有規格
ISO9001
ISO13485
Taiwan FDA GMP
Japan MHLW
CE(93/94/EEC)

現在、主流となっている1Dayコンタクトレンズは、その全ての製造から、製品検査、包装作業まで、フルオートメーション化されています。そのため、製造機械・設備の品質が製品の品質を左右することになります。最新鋭の製造設備を常に導入していくが製品のクオリティに直結する理由はそのためです。
アジアネットワークスでは、OEMが可能な工場として世界で最大手(※2)の『永勝光学』(台湾)他と業務提携。これも、お客様のお手元へ安心・安全でハイクオリティな製品をお届けするための私たちのこだわりです。

※2.永勝光学は、世界第5位(中国・台湾ではトップシェアの約33%)のコンタクトレンズメーカーでもあり、OEM製品の製造を行っているメーカーとしては世界第1位の規模を誇ります。

自動光学検査システムにより、オートメーションでの品質管理を徹底。

永勝光学では、自動光学検査システム(A.O.I Quality Systems)を採用し、製品検査を自動化。目視検査による精度の不安定さを排除し、不適合製品の検出率向上を実現しています。
1Dayコンタクトレンズを含むすべてのレンズは1枚づつ検査されており、正しい製造スペックのレンズを安定供給することが可能です。

アジアネットワークス取得資格

◯第一種医療機器製造販売業(許可番号13B1X80002)
◯高度管理医療機器等販売業/賃貸業(許可番号第4501130800031号)
◯医療機器製造業許可(許可番号13BZ200816)
◯化粧品製造販売業(許可番号13C0X00696)
◯化粧品製造業(許可番号13CY009191)

アジアネットワークスの今後の目標

コンタクトレンズをより便利で快適にご使用いただくために、コンタクトレンズ、ケア用品の充実、購入方法をご提供していきます。